上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3年ほど前に世間を騒がせた、ビアンキ自転車の不良問題。まさに、この”裏道”君が渦中の人でした。

問題のフロントフォーク「RST CT COMPI CL-7」 サイクルヨーロッパより安全に関するお知らせ

整備不良云々、いろいろ議論も巻き起こったやに記憶しています。
DSCF2652s-20140506.jpg

このフォークは大丈夫そうですが、如何せん重いっ これだけで1.8kgもありやがる。
という訳で、ヤフオクを徘徊していると、奇跡的にチェレステのクロモリスレッドフォークが出てたので購入。

5cmほど長かったので、糸鋸で切断しました。(全部去年のお話ですが

新しいフォークは、約600gなので、1.2Kgの軽量化です。
DSCF2653s-20140506.jpg

リテーナーもきれいにお掃除(全部去年のお話ですが
DSCF2655s-20140506.jpg

ヘッドパーツ外してほぼ一年たってるので、ハメてあった順番や部品の裏表もうろ覚え。

仮組みして、たぶんいけるだろうとふんで、あらためてグリスてんこ盛りでセットしました。
DSCF2656s-20140506.jpg

ワッシャーとスペーサー入れて、
DSCF2658s-20140506.jpg

締めこみますが、締め付け過ぎるとフォークの回転が悪くなるし、弛めるとガタつくし、加減が難しかったです。
DSCF2659s-20140506.jpg

まだフォークの回転がゴリゴリするような気がしますが、まっ、いいかあ。
DSCF2660s-20140506.jpg

とりあえず、自転車の形になってきましたぁ


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。