職場自転車部アスリートチーム(笑)で、しまなみ海道に行って来ました。
P1020232s-20150104.jpg

余裕を持って運転するために、1日の夜11時出発です。

きのぴー の新車、ロードバイクがそのまま縦に入ります。4台積んでもこの余裕。
P1020085s-20150104.jpg

で、5時に無事尾道到着です。
P1020090s-20150104.jpg

コンビニで朝ごはん食べて、渡し舟の時間までその辺を散策
P1020097s-20150104.jpg

ONOMICHI U2  帰りにのぞきましょ。
P1020098s-20150104.jpg

ケイさん 今回は通勤用のジャイアントでお出ましです。
P1020104s-20150104.jpg

きのぴーもローラー用のビアンキ
P1020105s-20150104.jpg

マキちゃんは自分で組んだキャノンデール
P1020106s-20150104.jpg

今治のホテルが、部屋まで自転車を持って入れず、1階の食堂に置かないといけないらしいので

みなさん本妻号ではなく、愛人1号同伴です。

サムローディは妻を愛しているのでもちろんそんな事は気にしません。
P1020101s-20150104.jpg

そうこうするうちに、渡し舟がやってきました。
P1020110s-20150104.jpg

まだ、6時半なのでお客さんもまばら
P1020114s-20150104.jpg

おばちゃんが、110円を集めてまわります。
P1020112s-20150104.jpg

県内の若者ですが、初めてのしまなみ挑戦らしい。がんばってね
P1020116s-20150104.jpg

5分もすると、向島に到着
P1020117s-20150104.jpg

ケイさん と きのぴー、初しまなみのスタートです。
P1020119s-20150104.jpg

小さな橋でもテンションが上がります。
P1020123s-20150104.jpg

キターーーーーーー! 因島大橋が見えて来ました。
P1020124s-20150104.jpg

天気も最高、さらにテンション
P1020127s-20150104.jpg

橋がどんどん迫ってきました。
P1020132s-20150104.jpg

真下から見るとさらに迫力があります。
P1020139s-20150104.jpg

橋への上り口です。50mくらいの高さまで約1kmのヒルクライム
P1020144s-20150104.jpg

3%の上りですが、笑っちゃうくらいスルスル上れます。
P1020145s-20150104.jpg

多幸感満載のヒルクライムが終わり、いよいよ因島大橋を渡ります。
P1020146s-20150104.jpg

ジャーン!2回目ですが感動です。
P1020150s-20150104.jpg

通行の邪魔にならないようにみんなも記念撮影です。
P1020151s-20150104.jpg

ゆっくりペダルを回し、見事な景色を楽しみます。
P1020152s-20150104.jpg

因島ではすぐに恐竜がお出迎え。
P1020157s-20150104.jpg

ケイさんが「はっさく大福が食べたい」というも、朝早すぎて店が開いてないだろうからスルー。

フラワーセンターでルート会議です。
P1020158s-20150104.jpg

①次の生口島でジェラートを食べるにはまだ時間が早すぎる。

②行き帰り、同じ道は面白くない。

以上から、赤の王道ルートをはずれ、青の遠回りルートをを選択しました。
WS000049s-20150104.jpg

ほぼ、平坦70kmのしまなみ海道、初心者でも楽々サイクリングのしまなみ海道

ひとつ間違うと、あーら不思議、上級者ルートの出来上がり
P1020160s-20150104.jpg

海岸線らしく、アップダウンの繰り返し。それも結構えげつないのが何回も
P1020163s-20150104.jpg

シフトチェンジが間に合わず、危うく立ちゴケしそうになったり、チェーン落ちしたり・・・

こんなところにもちょっと寄り道。
P1020167s-20150104.jpg

丸い岩が地蔵鼻
P1020171s-20150104.jpg

ううっ!ロードシューズではかなりきつい。ペダルをSPDにしてきたマキちゃん、流石です。
P1020168s-20150104.jpg

潮が引くと、岩の周りを回れるのだとか。
P1020169s-20150104.jpg

靴底をガリガリ言わせて上までもどり、

ケイさんがもらってきた無料配布のはっさくをいただきました。疲れた体にめちウマでした。
P1020172s-20150104.jpg

さて、まだまだアップダウンは続きます。
P1020174s-20150104.jpg

途中、こんな激坂区間もあり
P1020177s-20150104.jpg

みんなユイの壁よろしく、果敢にチャレンジし
P1020179s-20150104.jpg

そんな、こんなで、どうにか下界にたどりつき
P1020184s-20150104.jpg

生口橋までやってきました。
P1020188s-20150104.jpg

・・・・・・・・・・・・・つづく。
スポンサーサイト
Secret